住江織物の海外グループ会社でサイバー攻撃|サイバー攻撃 事例

住江織物の海外グループ会社でサイバー攻撃

2024年7月8日 インテリア製品を販売する住江織物株式会社がアメリカ、メキシコの各子会社がサイバー攻撃の被害にあった事を公表しました。

住江織物の海外グループ会社で発生したサイバー攻撃の概要

アメリカ、メキシコの各子会社が本件被害を把握後、直ちに米国およびメキシコ国内の関係当局に連絡するとともに、日本および当該各子会社間、ならびに当該各子会社間のネットワーク、システム停止措置を講じる

本件被害の拡大を抑止したうえで、有効なバックアップデータの確認ができたものから順次復旧作業を進めている。

また、外部の専門機関による協力を仰ぎ、本件被害の内容の特定のための調査を進めています。

これまでの調査結果により、本件被害の影響の範囲は米国およびメキシコの各子会社に限定されており、当社を含め他のグループ会社のシステムは影響を受けていないことを確認している。

ダークウェブ上でのリークを確認

一方、犯行側が本件被害にかかる当該各子会社の情報やデータを特定のウェブサイト上に流出させたことが確認されたので、現在、その対処を行うとともに、流出した情報の範囲および内容について外部の専門機関による調査を継続

引用:当社グループの米国およびメキシコ子会社に対するサイバー攻撃について

TOPへ