巨人軍選手の個人情報さらした疑い 日本生命元社員の女逮捕

巨人軍選手の個人情報さらした疑い 日本生命元社員の女逮捕

2024年7月9日 インターネット掲示板にプロ野球・読売巨人軍の選手の個人情報を載せ、「惨殺し死刑にします」などと投稿したとして、警視庁捜査1課は9日、威力業務妨害容疑で、日本生命保険の元社員天野里美容疑者(27)=東京都世田谷区桜新町=を逮捕しました。

逮捕容疑

逮捕容疑は4月下旬~6月上旬、ネット掲示板に巨人軍の特定の選手の個人情報を掲載。

「惨殺し死刑にします」「お前を死んでも許さない」などと三十数回にわたって書き込み、

巨人軍の従業員らに警察への通報や警備対策をさせるなど業務を妨害した疑いがあります。

掲示板で個人情報をさらす

同課などによると、天野容疑者は2020年9月から23年3月まで日本生命に勤めており、顧客情報を検索できる立場にいました。掲示板には、選手の氏名や住所が書かれた顧客情報管理画面を撮影した写真を掲載していた。

同容疑者は19年にも同じ選手に対する脅迫罪で罰金刑を科されていた。

2024年5月に巨人軍から同庁富坂署に相談があり、捜査を開始。同容疑者は自身のスマートフォンから書き込んでおり、IPアドレスから特定された。

引用:巨人軍選手の個人情報さらした疑い 日本生命元社員の女逮捕―警視庁

日本生命のリリース

この度、日本生命保険相互会社(社長:清水博、以下「当社」)の元職員(2023年3月退職)が、読売巨人軍に対する威力業務妨害の容疑で逮捕されたことが発覚しました。

このような事案が発生したことは誠に遺憾であり、関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしていますことを、深くお詫び申しあげます。

本件につきましては、事案の発覚直後から警察に相談してきましたが、引き続き、被害の実態把握に向けて捜査に全面的に協力してまいります。

引用:元職員の逮捕について

知ると面白い記事

Temu(テム)はなぜ安い

Temu(テム)はユーザーの個人情報を窃取する危険なマルウェア 米アーカンソー州司法長官

SHEIN(シーイン)の危険性を解説

Temu(テム)とPonta(ポンタ)が連携

BlackSuitがKADOKAWA(ニコニコ動画)へのランサムウェア攻撃・サイバー攻撃で窃取・流出した情報を公開

TOPへ